はりQ&A

  • はり治療でどうして痛みが軽くなるのですか?

    はりの効果については、まだ不明な点もあるのですが、簡単に言ってしまえば、患部を刺激してその部分の血行を良くする事で、筋肉のこりをほぐし、自然治癒力を高める為と考えられます。

  • はり治療って痛くないの?

    はりに対する感受性は個人差がかなりあります。

  • はり治療でエイズやB型肝炎が感染する事はありませんか?

    当治療室では、常に新品のはりを用いており、一人の患者さんの治療が終わると 直ちに今使用したはりを廃棄していますので、そのような心配は全くありません。

  • はりの材質は何ですか?

    色々な材質のはりが用いられていますが、銀鍼やステンレス鍼が最も多く用いられているようです。因みに、当治療室ではステンレス鍼を用いています。

  • はりを刺しても血が出ないのはなぜですか?

    当治療室で用いているのは、直径が約0.2mm程度の非常に細いはりですので、 その分、はりを刺入した時の組織の損傷が小さく、はりを抜くと組織の弾力によりはりによってあけられた小さな穴も塞がれてしまうので、出血する事は ほとんどありません。

  • はりに電気を通したりしていますか?

    はりを刺して通電する治療法もありますが当治療院では電気鍼は行っていません。 1本さしては抜き・1本さしては抜きという丁寧な鍼を行っています。
    そのほうが、刺激過剰にならずに、安心で丁寧であると考えるからです。

  • はり治療にも副作用がありますか?

    全くないとは言えませんが、少なくとも蓄積性の副作用はないと言って良いと 思います。副作用として現れる症状は、刺激過剰による痛みや、だるさなどが考えられます。当治両院では、副作用が軽減されるように軽い目の刺激を、あたえるように心がけています。

  • 何回くらいはり治療をすれば治りますか?

    はりの効果には個人差がかなりありますし、病状によっても異なりますので一概には言えませんが、単なる肩こりやギックリ腰なら多くの場合1~3回程度の治療で症状が 軽減/消失します。しかし、一度治療しただけで症状が好転しないからと言って直ぐに 治療をあきらめてしまうのは早すぎます。先にも書いたように、初回の治療はかなり軽めに行いますので、効果を上げるに充分な刺激量に達しない事もあります。その人に適した刺激量を把握するには一回だけの治療では困難な場合がある事をご理解下さい。

  • はり治療をした日は、お風呂には入れませんか?

    はり治療をした後にお風呂に入っても何の問題もありません。

  • はり治療は毎日続けても大丈夫ですか?

    これも個人差がありますが、軽めの治療であれば一週間毎日続けても大丈夫です。 治療間隔は、症状の強さやその人の体質、経済的事情、仕事や家庭の都合などを考慮に 入れて患者さんとの話し合いで決定しています。

  • はり治療をしてから効果が表われる迄にどれくらいの時間を要しますか?

    これも個人差がかなりありますが、治療後直ぐに楽になる場合や数時間後にスッキリする場合もありますが、治療の翌日に症状の好転を感じるという場合が最も多いようです。時には、2・3日後、或いは治療後一週間くらいかかって徐々に症場が消失したという場合もあります。このような事から、当治療室では特に患者さんの希望がない限り、初回の治療後、1・2日間を置いて次回の予約をするようにしています。